1/3
​教会報「とよしき」 をHPから見ることができるようになりました!下記よりご覧いただけます。
2020年4月12日発行 春らんまん 復活祭号​

豊四季教会の信徒の皆さま

主日のミサの再開について

 +主の平和
 
豊四季教会の主日のミサを6月20日(土)から再開します。
 皆が待ち望んでいた公開ミサが再開されることになりました。しかし、すぐに以前のような形のミサを行なうことはできません。
当面は3つの「密」(密集、密接、密閉)を避けながらミサは行なわれます(大司教様の文書を参照してください)。
 

 社会的な距離を考慮すると豊四季教会の聖堂には40名が入ることができます。

また、信徒ホールには20名が入れます(信徒ホールには聖堂で行なわれているミサの音声を流すことができます)。1回のミサに60名が参加することが可能です。これまで豊四季教会では主日のミサは3回行なわれていましたが、1回増やして4回にします(土曜日の午後5時半、日曜日の午前8時、午前10時、正午)。4回のミサで240名が参加できる計算です。
 

 ご承知のように新型コロナウイルス感染症による重症化が指摘されているのは高齢者です。

大司教様の文書にもありますように、高齢の方・持病(基礎疾患)のある方は新型感染症の状況がもっと安全な状態になるまでミサの参加をお控えください。高齢とは65歳以上ですが、とくに75歳以上の方は持病がなくても、もうしばらくの間は自宅でお祈りください。ご理解とご協力をお願いします。主日のミサに参加できない方は主任司祭に事前に連絡をすれば、今までどおりいつでも聖体拝領をすることができますのでご利用ください。
 

 1つのミサに信徒が集中することを避け、参加者が分散するようにミサの参加を以下のようにブロックごとに指定させていただきます。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。なお、どうしても指定されたミサに参加できない方は都合の良いミサに出てください。


Aブロック(新柏、増尾・鎌ヶ谷、流山南)の方は日曜日の午前10時のミサ
Bブロック(柏・沼南、西柏)の方は日曜日の午前8時のミサ
Cブロック(野田、江戸川台、初石)の方は土曜日の午後5時半のミサ
Dブロック(久寺家、我孫子、湖北)の方は日曜日の正午のミサ

 

 ミサでは換気を十分に行ない、手指の消毒をし、マスクを着用します。座席には1~60番までの札を貼ってあります。番号がある席にだけ座ることができます。それ以外の席には座ることはできませんのでご協力ください。また、ミサの参加者を毎回記録する必要があります。これは感染が発生した場合に備えてのことですので合わせてご協力ください。名簿表を準備しますのでお名前と連絡先(自宅電話あるいは携帯電話)を必ず記入してください。

各ミサでは教会委員と典礼関係者が交替で奉仕をします。指示に従い、ご協力ください。

 補足(1)新型コロナウイルス感染症が重症化しやすい「基礎疾患」とは糖尿病、心不全、呼吸器疾患、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方と説明されています(慶応義塾大学保健管理センター・ホームページから引用)。

 補足(2)妊娠の可能性のある女性も基礎疾患のある方と同様に、感染状況がもっと安全な状態になるまでミサの参加を控えることをお勧めします。厚労省のホームページでは、妊婦の方が感染しても経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています。しかし、胎児のウイルス感染があったと海外では報告があります。また、肺炎にかかった場合は、重症化する可能性があり、集まりは控えていただくことが望ましいと記載されています。
 


◎送迎バスの運行は当分の間はありません。ご注意ください。

◎大司教様の記事「6月21日からの教会活動の再開に向けて

2020年6月14日
主任司祭 立花昌和

東京大司教区 カトリック豊四季教会
場   所:千葉県流山市長崎 2-444-1   
電話:04-7145-9933
最寄駅:豊四季駅(東武アーバンパークライン)  
徒歩20分(日曜のみ送迎バスあり)
主任司祭:立花昌和 神父
信徒以外の方でもだれでも自由に参加できます。見学も含めぜひお越しください。
献金などについてはご心配はいりません。
当日わからないことがありましたら受付に遠慮なくお聞きください。
また神父様とお話がしたい場合は直接教会にお電話ください。
ミサ時間(礼拝)
日曜第1ミサ 8:00~9:00/第2 ミサ10:00~11:00
土曜17:30~18:30

新型コロナウィルス感染症に苦しむ世界のための祈り

いつくしみ深い父よ、新型コロナウイルスの感染拡大によって、
今、大きな困難の中にある世界を顧みてください。
病にくるしむ人に必要な医療が施され、感染終息に向けて取り組むすべての人、
医療従事者、病者に寄り添う人の健康が守られますように。
亡くなった人が永遠のみ国に迎え入れられ、
尽きることのない安らぎに満たされますように。
不安と混乱に直面しているすべての人に、支援の手が差し伸べられますように。
希望の源である神よ、わたしたちが感染拡大を防ぐための犠牲を惜しまず、
世界のすべての人と助け合って、この危機を乗り越えることができるようにお導きください。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
希望と慰めのよりどころである聖マリア
苦難のうちにあるわたしたちのためにお祈りください。

2020年4月3日 日本カトリック司教協議会認可

*教会写真日記*
6/20

ついに今日、ミサが再開されました。

(30名弱と教会委員数名)

 

まばらな間隔、オルガンや聖歌、奉納などもない

まだまだ大変な状況下なんだと思わせる情景、

神父様の声や、お祈りの言葉がいつも以上に胸に染みた気がします。

 

普通だということが、

いつもの日常がどんなにありがたいことかを改めて実感し

参加したくてもできない方々の痛みを想いながら、ミサにあずかりました。

​​今までの写真をみる

今週のお知らせ  年間第13主日 (2020.6.27更新)

 

  豊四季教会主任司祭 立花神父からの連絡とお願い

【お知らせ】

➀6月20日から主日のミサが条件付きで再開されます。

 ただし、週日のミサ、講座や勉強会、地区の集まりはもうしばらくの間休止にします。

 ②主日のミサは再開されますが条件付きです。

 そのためにミサに与れない方は事前に司祭に連絡すれば、聖体拝領をすることができます。

 

③参加したくてもできない方々の痛みを想いながらミサをお捧げしますので、

 どうぞ祈りをとおして信仰共同体とつながってください。

◆6月1日「東京教区ニュース第375号」

こちらからご覧ください→ https://tokyo.catholic.jp/info/news/38629/

                        

教会委員会から

◆5月10日教会委員会報告(下記ボタンよりご覧いただけます)

喫茶・ホーリーコーナーはコロナウイルス感染防止を考慮し当面の間、営業を控えさせていただきます

キリスト・イエズスの宣教会流山修道院は3月末をもって閉院しました

緑化グループでは奉仕作業メンバーを募集中です

使用済み切手、書き損じ官製ハガキを集めています

 切手は周囲5~7ミリを残して切り取り、司祭館玄関設置の箱にお入れください

 ロゴス点字図書館に寄付されます

天使組・ひかりの子から お知らせはありません

© 2023 著作権表示の例 -Wix.com
で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now